バツイチ子持ち 後悔

子供の気持ちが1番重要

バツイチの婚活、再婚

 

バツイチ子持ち男女と再婚して後悔しないためのチェックポイントとはどんなことでしょうか。

 

一番大切なのは子供の気持ちです。

 

子供にとっては新しいお父さんやお母さんができるのはうれしいものとは限りません。

 

心の中では自分の親が奪われるのではないかと不安に思っている子供も少なくないのです。

 

再婚を失敗をしないために大切なことは、子供の心情をよく理解してあげることです。

 

またどの再婚にも言えることですが、離婚理由をはっきりと言えない人や離婚原因を改善できていない人との再婚は、また同じ失敗を繰り返す可能性があるのでおすすめできません。

 

前回の失敗を心から反省して相手に対してあたたかい思いやりの心を持つバツイチ子持ちの人なら次の結婚は大丈夫ですね。

 

バツイチ子持ち男女と再婚する覚悟とはどういったものでしょうか。

 

相手の子供の気持ちをしっかりと受け止めて正面から向き合っていく覚悟を持った上で再婚を決めるようにしてください。

 

子供だからどうにかなるだろうと言った安易な気持ちではうまくいきません。

 

再婚した後に自身の子供ができると同じように可愛がることができないと言った話をよく聞きますが、そうなると結婚生活は上手く行かなくなるでしょう。

 

自身の本当の子供と思って接することで本当の家族になれるのです。

 

離婚で学んだ経験を活かして

バツイチの婚活、再婚

 

バツイチ子持ち男女で再婚して幸せな人とは、いったいどんなタイプなのでしょうか。

 

ずばり、大らかだけれども細心、そんな相反する要素を併せ持っている人、なのではないでしょうか。

 

バツイチ子持ちというのは、それだけでも結構なストレスです。

 

ひとり親家庭では仕事と育児の両立だけで世界が閉じられてしまいがちで、外へ出ていくとか、誰かと新しい関係を構築していこうとするとか、そういう方向に自分をもっていける、というのは、それだけで凄いことです。

 

そして、新しく出会った人たちに対しての自分なりの評価の仕方も、おそらくその前の結婚の時とはずいぶんと違ったものになるでしょう。

 

自分を顧みること、そして相手に対する過大な期待をしない、ありのままの相手をまあるく見ていく、互いに高めあっていける糸口を見つけたら、そこから小さいことを丁寧に積み上げていける、そんな人たちであればこそ、相手の連れ子も含めて暮らしを共にし、ステップファミリーとしての新しい人生を踏み出せるのではないでしょうか。

 

男女問わず、人は完ぺきではありません。そして、残念ながら人は変えられないのです。

 

けれど、互いを見て、その子供も含めて愛せたら。きっと、互いに内側から変わっていくことはできるのでしょう。

 

離婚で学び、身についたはずの気遣いや思い、そして小さなことでは動じないおおらかさ、心の強靭さは無駄にはならないのです。