バツイチ子持ち 男性 恋愛

バツイチ子持ち男性は決してモテなくない

バツイチ子持ち男性の魅力

 

男性がバツイチ子持ちかどうかは女性に比べてあまり関係ありません。

 

むしろその経験が買われることもあり、お付き合いから結婚までこぎつけることができます。

 

離婚経験があるから、子どもがいるからといってモテないわけではありません。

 

実は異性から魅力的に見られることがあるのがバツイチ子持ちです。

 

なぜ女性はバツイチ子持ちでも気にならないかというと、女性が魅力を感じるのは経済力と包容力のある男性だからです。

 

一度結婚の経験がある男性であれば社会的地位はある程度持っていることが多く、また結婚に幻想を抱いてはいないのがポイントになります。

 

相手に対して理想像を押し付けることがないので恋愛のハードルが低くなります。

 

よって安心できる恋愛ができるというわけです。

 

初婚の人はどうしても相手に対してデータで比べがちです。

 

でも結婚生活を一度経験している人は一緒にいてやっていけるかどうかを見ます。

 

その結果長くお付き合いでき、最終的に結婚というゴールまでたどり着くことができます。

 

よってバツイチ子持ち男性だからといって、女性と恋愛できないわけではありません。

 

バツイチ子持ち男性でも結婚できる人もたくさんいます。

 

出会いの場として職場や飲み会で知り合う方も多いですが、結婚相談所で出会う人も少なくありません。

 

いずれにしろ、出会いの場は数多く増やしていく行動は必要になります。

 

バツイチの婚活

 

バツイチ子持ち男性の最大の魅力は包容力

バツイチ子持ち男性の魅力

 

【行動力があることがポイント】

 

バツイチ子持ち男性であっても、もう二度と恋愛をしないなどとさみしい宣言をする必要は全くありません。

 

数十年前であれば離婚すること自体が「恥ずかしいこと」と思われてしまう風潮が強くありましたが、今やバツイチ子持ちどころかバツニ・バツサンでも公表してしまえるほどになっています。

 

子持ちと言うことで「包容力のある魅力」や「父親としての魅力」で勝負する方が効果的です。

 

もちろん、男らしさが無くとも良いと言う訳ではありませんが、「男として子供のために行動できる力」があると女性からモテます。

 

【女性は父親のような大きな包容力に弱い】

 

男性の多くは深層心理ではマザコンであることが多いのと同様に、女性も少なからず父親を結婚相手に重ねてしまうことが無意識でもあります。

 

表面上は父親を必要とするそぶりを見せてはいなくとも、いざその場になったら「父の面影を感じる男性に惹かれてしまう」と言うことは少なくありません。

 

要は「父親の様な包容力」があるかどうかが重要で、すでに父親となっている以上は一定以上の包容力があることが望ましいと言えます。

 

また、「子供のためにどのようなアクションを起こせるのか」と言う点は非常に重要で、すでに存在している子供をどれだけ大切にできるのかと言うことも魅力に繋がります。

 

いずれにしろ、バツイチ子持ち男性は再婚できるチャンスは十分にあります。

 

出会いの場を普段から増やす努力だけは惜しまずにやっておきましょう。

 

バツイチの婚活