バツイチ子持ち 女性 デート

自分が再婚したいというよりは「子どものために父親がほしい」という気持ちの方が強い

バツイチの婚活、再婚

 

【バツイチ子持ち女性とのデートで気を付けておくべきポイント】

 

相手がバツイチ子持ちというところが大きなポイントとなります。

 

子持ちであるということは前の夫との夫婦仲以外にも多くの苦労を経験しています。

 

しかし子どもの手前弱い面を見せるわけにはいかないと強くあろうとしています。

 

そんな頑張っている女性をどれだけ支えてあげられるか、つまりどれだけ包容力があるかをアピールする必要があるのです。

 

日時に関しては当然ですが、相手の女性へ最大の考慮が必要になるのは言うまでもありません。

 

相手の子供への配慮も大きなアピールポイントとなるでしょう。

 

【包容力と大人の男をアピール】

 

バツイチ子持ちの女性は自分が再婚したいというよりは「子どものために父親がほしい」という気持ちの方が強い傾向にあります。

 

しかし実際再婚となると、男性側としては血の繋がっていない子どもと家族になるわけなので、母親の立場としてはちゃんと可愛がってくれるか、子どもが懐いてくれるかに大きな不安を抱いています。

 

そのためデートする際には2人きりというのも大切ですが、子どもと遊ぶという時間も作ってあげることが大切です。

 

もちろん経済力も支え、子どもには本当の父親のように接するよう心がけましょう。

 

2人きりでデートする場合は、帰り際に「子どもたちに何かお土産でも」と何か手土産を買ってあげると非常に効果的です。

 

離婚理由と子供の意見は重要なポイント

バツイチの婚活、再婚

 

前の夫となぜ別れたかのかは必ず早い段階で聞いておきましょう。

 

他の男性と夫婦になっていたことがあるバツイチの女性と籍を入れること考える時、前の夫と別れた理由を知っておくと夫婦仲を守れるヒントになるので聞いておくようにします。

 

離婚する原因は夫の不倫や女遊びばかりでなく、経済的なことや生活習慣の問題が関係していることがあります。

 

家計のやりくりの考え方の違いで夫婦間で意見が対立して別れることになった、料理の好みから始まりお風呂の入り方の違いでいがみ合うようになり離婚してしまった夫婦も数多くいます。

 

暮らし方の面での離婚であれば、自分たちの場合に失敗しないための参考になります。

 

また、相手の子どもは結婚に賛成してくれるかどうかも重要なポイントです。

 

バツイチ子持ちの人と籍を入れる際には相手の子どもとも家族になるので、その子は賛成してくれるかをきちんと確認しておきましょう。

 

他人がいきなり父親になることに、戸惑いを感じる子も多いです。

 

子どもの意見を尊重しないまま結婚してしまうと、新しい父親になじんでくれず家庭がぎくしゃくしてしまう恐れがあります。

 

付き合っている女性がバツイチ子持ちなら、母親の結婚に関しての意見を聞くようにしましょう。

 

話を聞く前に子どもとも交流を持つようにしておくと、安心感を持ってもらえ賛成してくれやすくなります。